読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンタローの穴ぐら鍼灸雑記 〜東洋医学issue〜

開業鍼灸師のシンタローが東洋医学や鍼灸についてつらつらと書いています。

季節の変化に対応するには?

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。

 

前回、月1更新をぶった切ってしまったので、今回は早めに更新を……。
と思いながらもう3月も終わり。
……気を取り直していきましょう!

 

さて。

森空堂には、2月末から自律神経の不調を主訴として来院される方が増えたように思います。

「急に疲れやすくなった」「のぼせやすいけど、手足が冷える」「よく眠れない」「なんかイライラする」「頭痛がよく出る」などなど。

症状はさまざまですが、のぼせと冷えについてのご相談が多いです。その大半は「今まで気にならなかったけど…」とおっしゃる傾向があり、何かしらの不調をきっかけにのぼせまたは冷え、あるいは両方を自覚したということなのだと思います。

 

花粉症の時期ということもありますが、気温の上下も影響していますね。寒の戻りが終わったら18℃まで上がってみたり、今日は今日で夜は5℃まで寒くなる……。

どうにも急激な変化に人間の体は弱い。気候の変化は自律神経へ影響する、というのは体感としては皆さんも理解していることだと思います。

 

では、そういった変化にどう対応すればいいのか。

一つは食生活。
偏った食事では、健康は作れません。以前参加した講習で聞いた「あなたの身体は食べ物でできている」という講師の言葉が忘れられません。この講習はスポーツに関わる内容だったのですが、日常生活にもそっくりそのまま当てはまることだとと思います。

一つは睡眠。
睡眠というのは大半の人にとって重要な回復時間です。
脳は眠っている間に記憶などを整理します。横になることで、昼間とは違う落ち着いた循環を維持できます。血液は東洋医学では夜間に「肝」に戻ります。
眠れなくなってくれば、より自律神経は乱れますし、悪循環に陥ります。
寝る前のスマホやテレビの習慣を改めるだけでも、生活の質が向上するはずです。

一つは温かい身体。
森空堂のテーマでもありますが、温かい身体は健康の大本です。
熱を生み出せなくなったときに人間は死に至ります。温かい身体をつくることが、ちゃんとした生活をするのに欠かせないことであることは、私たちは無意識に理解しているのではないでしょうか。

 

これから暖かくなっていきますが、そんなときでもお灸は有効です。
セルフでお灸をして、まずは温かい身体づくりをしてみてくださいね!

 

鍼灸・美容鍼灸口コミサイト「しんきゅうコンパス」で大塚エリア1位獲得中☆https://s.shinq-compass.jp/salon/detail/2064/
鍼灸治療院 森空堂 20:00まで受付
JR大塚駅から徒歩5分
http://shinkudo.com/
電話 03-5980-7391
Mail shinkyu.shinkudo@gmail.com

 

#大塚 #鍼灸 #森空堂 #平日は20時まで #当日予約OK #美容鍼 #温活 #ローラー灸 #はり #お灸 #腸活 #冷え性 #小児鍼 #体幹 #骨盤 #東洋医学 #頭痛 #肩こり #腰痛 #五十肩 #眼精疲労 #不眠 #瘀血 #自律神経 #更年期 #薄毛 #声の不調 #癒し #隠れ家 #こころと身体のいい関係 #武道の動きを日常に #moxibustion #acupuncture