読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンタローの穴ぐら鍼灸雑記 〜東洋医学issue〜

開業鍼灸師のシンタローが東洋医学や鍼灸についてつらつらと書いています。

腕の痺れ。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。
また更新が滞っていました(´Д` )

さて、今回は腕の痺れについて。

これは、なかなかやっかいです。
シンタローは寝違えからやりました。
いろいろ自分で検査をしたところ、どうも神経根障害っぽい。
元々首は悪いですが、さらに悪化させた模様です。
手の母指と示指にもやっとした痺れが出ています。握力低下はまだありませんが。
患者さんに気持ちはこんな感じだったのか、と実感しているところです。

では治療の話。
痺れを治療する場合、絞扼性障害であれば、案外と経過は良好です。
腕の痺れの場合はいくつかの絞扼され(締め付けられ)るポイントがあるので、該当する筋肉を緩めたり、循環を良くすることで改善ができます。そのポイントはざっくりですが、首・肩・肘・手首。
シンタローの場合は首だろうと推定されます。
スタッフに鍼を首周囲に打ってもらったところ、多少回復しました。
自分の患者さんにも同じ検査をして、症状の原因を確認していきます。

結果的には改善されている患者さんがほとんどですが、毎回慎重な検査をしながらやっています。
ケースごとに治療は変わりません。

自分のこともふくめて、もっと研究と実践を頑張りたいと思います。