シンタローの穴ぐら鍼灸雑記 〜東洋医学issue〜

開業鍼灸師のシンタローが東洋医学や鍼灸についてつらつらと書いています。

かなり久しぶりの更新。

穴ぐら鍼灸師のシンタロー@大塚です。 ホームページの「お知らせ」を書くようになってから、随分とブログの更新が滞ってしまっています(汗) いつの間にか2017年も残り2ヶ月を切り、また確定申告の時期が迫ってきているではないですか……。 ここのところシ…

病鍼連携。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。 滞り気味のブログ。毎回、書くたびにこれじゃいかんと思うのですが、ほかのことに追われてしまいます。 さて。先日、東京都鍼灸師会主催の「診断学」という講義を受けてきました。神経内科のドクターによる、「…

季節の変化に対応するには?

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 前回、月1更新をぶった切ってしまったので、今回は早めに更新を……。と思いながらもう3月も終わり。……気を取り直していきましょう! さて。 森空堂には、2月末から自律神経の不調を主訴として来院される…

目標設定。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@大塚です。 2017年の初のブログ。1月の更新ができませんでした。ついに月1更新を止めてしまった……うぅぅ……。まぁ、こんなことで後悔しても意味がないので、さくっと切り替えていきましょう。そうこうしているうちにあ…

初の年の瀬。

どうも、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 今年最後のブログ更新となりました。 早いもので、4月からオープンして9カ月。 森空堂も無事初めての年末を迎えることができました。 最初は一人治療院のリズムが分からずにいましたが、今はそれにも慣れ、空…

鍼灸と口コミ。

どうも、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 ギリギリ月一更新に間に合うか…!と必死に書き上げた次第です( ;´Д`) さて、今回のテーマは「鍼灸師が食っていけるのか」といううちの一つ。書きながらあれですが、専門学生になる前に知りたかったです(笑…

「体温」を上げるワケ。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 今回は「温活」をすすめる理由について。 温活はきちんとした定義があるわけではありません。一般的には「体を温めることを通して、健康や美容への意識を高める活動」というようなことを指すとされてい…

「温活」で使う道具。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 まとまった話を書くとなると、なかなか更新できないですね。むむ。いかんいかん。 最近、森空堂では「温活」と「美容鍼」のコースが人気になってきました。美容鍼については少なからずニーズがあること…

毎日、ちゃんと眠れてますか?

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 穴ぐらブログを全然更新できていませんでした。サイトトップとの住み分けが難しくなってきました( ;´Д`) とはいえ、やはり鍼灸に関する内容はこちらで書きたいので久々に長文になるかもです。 森空堂を…

鍼灸の保険利用。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 鍼灸治療に保険が使えるってことは、あまり知られていないようです。 接骨院ないし整骨院は、柔道整復師がいることが前提ですが、保険の対象疾患についてはその場で代理申請書を書いて保険を利用すること…

小児鍼ワークショップ。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 サイトのトップページやFacebookページで告知している「パパ・ママ・子どもの小児はり」。 勤務鍼灸師のときからずっとやりたいなぁと思っていたことを、とりあえずやってみようということで開催する運び…

鍼灸治療とキネシオテーピングⓇの併用。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。 なんだかんだとトップページの更新ばかりでブログを更新していませんでした。継続は力なりですが、なかなかの不精者ですみません。 先日、岡崎昌典先生を講師に招いてのキネシオテーピング療法Ⓡの勉強会…

「筋膜リリース」が流行っている。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。のんびりしている日は知識の棚卸しをかねて、つらつらと鍼灸雑記の執筆に精を出しています(笑)今回は東洋医学とは離れた内容です。 さてさて、題名の通りですが、流行っていますね。 「筋膜リリース」…

五行論でいろいろ分けてみる。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタロー@森空堂です。@森空堂を足してみました(笑) 前回予告した通り、今回のテーマは「五行論」の具体例を見ていきましょう。 「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(ごん。きん、とも)」「水(すい)」に世の中の…

東洋医学の基礎「五行論」とは。

こんにちは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。久しぶりの更新となりました。推敲しているとなかなかアップできませんね…。 治療に直結するものとすれば、臓腑のこと……といきたいところですが、まずはその根本となる概念から考えようと思います。 東洋医学には…

「腸活」を東洋医学で考えてみよう、編。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。 以前、腸活について触れました。 「腸は第二の脳」とも言われていますね。 『腸脳相関』なんて言葉もあるくらいで、腸の状態が悪いと脳に影響し、うつ症状になったり悪化したりするという話も出ています。反対に…

予約受付開始。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。 最終勤務を終了しました。 約5年、いろいろと学ばせていただいたことをこれからの患者さんにフィードバックしていきたいと思います。 馴染みの患者さんからいろいろと餞別をいただき、半泣き状態で最終日後半を…

鍼灸を、東洋医学を、もっとカジュアルに。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。 しばらく東洋医学の話をまったく書いていませんね…。 基礎編や腸活についてはぼちぼち書き溜めていますが、まだまだ公開に至るまでにまとまらず…。 開業したら余る時間は山ほどあるので(それではいかんのですが…

コンセプト。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。勤務鍼灸師としてはあと14日。実際に自分の店を稼働し始めるのは、やはり早くても3月末になりそうです。勤務先の患者さんには最後まで誠実に、今まで通りに施術をさせていただこう、と気持ちを改めている夜でござ…

ホームページの作成。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。さてさて、週末の今回は独立関係の話。10年ぶりくらいに、ドメインだとかhtmlだとかと格闘しています。SEO対策とか面倒くさいですね…。ホームページのデザインとか考える人、というかデザイナーっていう人たちは…

トリガーポイント。

寒くなったり暖かくなったりと安定しない天気が続いています。インフルエンザも流行の兆しをみせ、体調管理により一層気をつけなければならない季節になってきました。こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。さて、今回は東洋医学から少し離れて、トリ…

五臓六腑。基本編。のさらに基本編。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。いろいろバタバタと進行中で、こちらが疎かになっておりました。さて、今回は東洋医学の基礎知識「臓腑」編。東洋医学を考えるうえで、内臓の考え方を知らないとなかなか理解できません。ながーい話になるので、…

謹賀新年。

明けましておめでとうございます!穴ぐら鍼灸師のシンタローです。年越しはお風呂の中でしてしまいました(笑)テレビのないところで過ごしているためか、あまり年末年始という感じがしませんが、元旦の朝日を見て今年は良い年になりそうな予感がしています…

納め。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。今年最後の仕事は母親の治療でした。いつもやっているわけではないですが、久しぶりに年末年始を両親と一緒に過ごしているので、たまにはいいかと(笑)今年は過去最多の鍼灸治療ができました。リピートしてくれ…

年の瀬。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。あっという間に年の瀬ですね。急に寒くなってきて、体調を崩している方も多いようです。そんなときこそ「鍼灸院に行こう」となればいいのに! もっと宣伝しなければなぁ。それはともかく、皆さま年末年始の体調に…

東洋医学の現代語訳とは。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。患者さんと話をしていると、案外と東洋医学に興味を持っている方は多いように思います。お灸が多少一般化してきたこともあり、自分の体質を東洋医学で考えてみようという人もいるようです。とはいえ、いざ調べて…

現代医学的にみる鍼灸の効果。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。表題について、わかりやすくまとめたサイトを紹介します。MEDLEYhttp://medley.life/news/item/564d904b7e4a8bcb0b3b6f54なかなか患者さんと時間内ですべてをお話しするのは難しいので、こういうものを利用するの…

小児鍼について。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。いきなりですが、小児鍼(しょうにしん)って聞いたことがありますか?名の通り、子どもの症状に対するはりきゅうの治療のことです。この治療法、かなり伝統はあるわけですが、関東ではまったくメジャーではあり…

独立への道。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。 ハンドルネームを本名に近いシンタローに変更しました。苗字のもじりでもぐらだったんですが、暗喩的な意味合いを邪推されたくないのと、これから先のことを考えるとこっちのほうがいいかな、と思いまして。 穴…

腸活サポート。

こんばんは、穴ぐら鍼灸師のシンタローです。最近何かと話題の『腸活』。腸活というのは、腸の活動を活性化させて健康を保とうということ。金スマでテーマになっているくらいですから、ぼちぼち需要のあることなのでしょう。ドクターも腸の調子を整えること…